㈱関西都市居住サービスは、管理組合様のパートナーとして、マンションの大規模修繕を総合的にサポートいたします。また、2回目の大規模修繕に最適な管理組合サポート方式をご提案します。一級建築士事務所登録 大阪府知事登録(ト)第9642号

おすすめプラン

おすすめプランのご提案

おすすめプランのご提案

できるだけ費用を抑えながら、管理組合様の業務負担を軽減し、第三者によるチェックにより「いい工事」を実施します。

通常、工事発注方式は次の2通りがあります。

設計施工分離方式

設計・工事監理と施工を分離し、設計事務所と工事施工会社へそれぞれ発注する方式です。設計費用、工事監理費用、施工費用が発生します。

設計施工方式

工事施工会社の責任施工で、設計、工事監理、施工まで1社で行います。施工範囲のチェックや工事の進行管理などは、管理組合様が実施しないといけないので、ご負担が大きくなります。

それぞれの方式には以下の特徴があり、メリット、デメリットがあります。

大規模修繕

メリット比較

工事発注方式管理組合様の業務負担費 用第三者チェック
設計施工分離方式×
設計施工方式××



そこで!弊社では管理組合サポート方式をおすすめします!

管理組合サポート方式とは、弊社が修繕工事の重要なポイントのみを設計することで費用を低減し、管理組合様をトータルにサポートし業務負担も軽減、かつ第三者チェックも働かせます。
管理組合サポート方式は、設計施工分離方式より費用を削減し、設計施工方式より業務負担の軽減も実現。第三者チェックも万全なバランスの取れた方式です。

工事発注方式管理組合様の業務負担費 用第三者チェック
管理組合サポート方式

ご予算ご要望に応じたご提案をいたします。

CM方式

管理組合サポート方式は
2回目の大規模修繕に最適です!

1回目の大規模修繕工事の資料を参考にし、2回目の工事に必要な部分のみを設計します。 (その他の設計は工事施工会社の設計)工事監理は、管理組合様、弊社、工事施工会社が業務を分担し、コンサル費用を削減いたします。(技術的事項、重要なポイントについては、弊社が監理を実施します。)


1回目の大規模修繕の実施についても、数量積算業務と概算金額の算出業務を追加することにより、管理組合サポート方式をご活用いただけます。
また、ご要望に応じ設計施工分離方式での業務もお受けします。


大規模修繕

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional